オフィスの移転で優先すべきポイント

会社の移転をするのは、かなり大きな決断です。ですが、現在のオフィスが老朽化してきた、または、事業環境が変わってしまい仕事をするうえで不都合が出来てしまったという時には、やはり移転を視野に入れなくてはならないでしょう。オフィスの移転は、私的な引っ越しと異なり、とても煩雑で大変な作業です。その時に気を付けたいのは事前に移転を周囲に報告しておくというものです。会社を移転する時に、法務局や税務署に移転手続きをするのは当然ですが、意外と忘れてしまうのが取引先への連絡です。日頃から頻繁に取引きをしている会社は意識していても、1度や2度しか取引きしていない会社への連絡はついおろそかになってしまう場合があります。会社を移転する時には、過去の取引先をチェックして、全ての会社に移転する事を事前に報告しましょう。そして、その際には移転先を出来るだけ詳しく書いておくと更に良いでしょう。新しい住所の記載だけではなく、簡単でも地図や目印になる物を書いておくと、とても分かりやすくなります。会社を移転する時は何かと忙しいと思いますが、細やかな心配りは大切です。インターネットの普及に伴い時間と距離の壁が低くなっているとは言え、やはり近い所に移転することで、さらに円滑な関係を築くことができます。例え、メールやテレビ会議、Web会議が発達し導入されたとしても、face to faceによる商談・打ち合わせも重要なコミュニケーション手段です。このようなことから、オフィス移転については、コスト面だけに固執するのではく、効率的な事業推進ができることも意識して移転先を見つけることです。では、移転の時期はいつが良いのでしょうか。普通の引越しの場合、1月~3月が最も込み合う時期だといわれています。では、会社の移転の場合はどうかというと、「1月~3月」と「9月~12月」が最も込み合う時期となっています1月~3月に関しては、年明けに移転を行う会社が多いからで、9月~12月に関しては、年明けまでに移転を終えておきたいという会社が多いからです。3月は企業が決算を行う月としても最多ですが、会社の移転に関しても同様です。決算が済んでから1年後の移転を見据え、翌年の3月に移転するというケースが多かったりします。ただし、こういった込み合う時期に移転すると費用が割高になりがちですので、よく検討する必要があります。おすすめは「4月~8月」です。会社の移転は、物件探しから完了まで半年ほどかかりますが、上記の時期に物件探しを行うと「10月~2月」辺りで移転を始めることになります。この時期は、年間で最も引越しが少ない時期なので、費用を抑えることができます。

住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科英語上達の秘訣マッサージのリアル口コミ.com“エステサロンを上手に利用する情報サイト”AGAでお悩み解決クリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビ