夢のマイホーム建て替え

私の家は二年前に自宅の建て替えをしました。築30年で一軒家の自宅は外装もボロボロでしたし、中も壁のひび割れなどがあちらこちらにありました。カビや湿気クサイ場所も多くあり、建て替えをしました。また、私の家には祖母も一緒に暮らしており、急な階段の上り下りや段差が腰によくないというのも理由の一つです。
期間は全部込みで5か月近くかかりました。その間は近くのマンションを借りて生活をしていました。祖母は散歩がてらに毎日のように家を見に行っていたのを覚えています。
5か月が経ちとうとう入居する日が来ました。私の両親や兄弟よりも一番待ち望みにしていたのは何を隠そう祖母でした。日本の昔の家の代表と言っても過言ではない程の昔ながらの和風造りだった自宅が、一気に洋風へと早変わりしました。外に置いてあった古い物置も新しく倉庫を建て一新しました。一通り部屋を確認した後、それぞれ自分の部屋に入っていきましたが、祖母だけはずっと家中を歩いて嬉しそうにしていました。建て替えをしたことによって明らかに家族全員がいつもより明るく会話も増えたのをすぐに実感しました。