貸倉庫は利用しやすさとメンテナンスに注目

貸倉庫を借りようと検討したときに、合計で3箇所の倉庫を見て廻りました。そのすべてがチェーン展開している大手の貸倉庫業者のものだったのですが、下見をした際に感じたのは「業者によって造りや管理程度が大きく異なる」ということでした。一番初めに足を運んだ大阪の貸倉庫は駐車場スペースが非常に狭く、倉庫前に車を停めて出し入れしているときに他の車が入ってくると、移動を余儀なくされて落ち着いた作業ができそうにありませんでした。コンテナ式の倉庫だったのですが、全体的に錆が酷くてどこかに穴が開いていそうな不安を感じました。次に訪れたところは、幹線道路から路地を入った先にあるコンテナ式の倉庫でした。周辺の道路から全く見えないような場所なので、夜間は若者のたまり場にでもなっていそうな雰囲気。実際にコンテナ脇には空き缶やペットボトル、タバコの吸い殻などが落ちていたので契約を見送りました。そして最後に訪れたコンテナ式倉庫は、ちょうど敷地内をスタッフが清掃していて、コンテナもきれいに磨きあげられており入口の南京錠もピッカピカでした。値段は他の2店よりも少し割高でしたが、安心して利用できると思い契約しました。貸倉庫の立地や管理は千差万別です。自宅から近い、値段が安いだけで決めずに、利用の便やメンテナンスにも注目することが必要です。